2008年03月21日

失って気づくこと

SBSH0011.JPG
開けにくくて仕方ない扉も
開けないとはじまらない…


人でもモノでも
失ってみて
はじめて気づく大切さ
があります

一人暮らしをして
はじめてわかる
親のありがたさとか
閉店してしまったお店の
食べ慣れたメニューとか
ないと思うと
飲みたくなる
お酒とか(←これは違うか…)
聞きなれたラジオの
ナビゲーターが
変わるとか
隣にいた
あの人の(誰でしょうね)
ぬくもりとか
亡くなった誰かの
存在感とか
乾いたお肌の
潤いとか
どこかにいってしまった
トランプの
一枚とか……

挙げればきりはありませんが
世の中はいつも
何かを失う危険であふれています

失う前に
大切さに気づいて
大切にすべきなんですね
なんでも


 by S
posted by postino at 16:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ズレもまた人生

ここ数週間ばかり複数の仕事でピークが重なり忙しくしていたため、
普段余りない知り合いとの小旅行の誘いを2件も断りました。でも今って
特別そんな時期だったかな??
またこういう時に限って、行った人間が帰ってきた頃「ホント楽しかった」
「一生の思い出になった」などという浮かれた同報メールがや写真が飛び交い、
とても屈辱的でした。行けなかった飲み会が妙に楽しそうだったのと同じ
パターンですね。ま、何事もタイミング。ズレることもまた人生!(泣)


by Y

posted by postino at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オフィス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

大切な人に花束を贈るように

Image025 1.jpg
待ちきれないのでここに咲かせておきます

大切な誰かに花束を贈るとき
きっと考えると思うんです

その人は、何色が好きか?
どんなが好きか
組み合わせはどうするか
季節に合っているか
その人に似合う花束になるか…
を眺めながらイメージを膨らませ
いろんなことを考えます

知らない人(例えば上司の家人とか)や
関係の薄い人
たいした思いのない人
(にを贈る状況もよくわかりませんが…)
そういう人に贈る花束なら
自分の気分だけで選ぶとか
屋さんにお任せでもいい

でも

大切な人に贈る花束
大切な人のことを想いながら
じっくりとあれこれ迷い
丁寧に束ね(リボンの色とかも悩み)
出来上がった花束をながめて
“こんな花束が作りたかった”
“これならあの人に似合うはず”
と自分自身でも満足したい

大切な人に花束を贈るように

そんな風に仕事もできたら…
と、思った次第です。

by S

posted by postino at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・採用カンケイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

避けて通れないとき、噛もう!


ターミナル駅からの最終電車は、他の路線が遅れた場合に、その到着を待つことがありますよね。
先日もその状況に遭遇したのですが、車内放送が告げた「待ち」時間は、なんと10分!
私は座席に座っていたため、音楽をききながらのんびり待てたものの、もし立っていたとしたら、
遅れてやってくる電車に対する憎悪の念はふくらみ、
あまつさえその矛先が遅れて乗り込んでくる乗客に向きはしないだろうか。
無実の人を睨みつけはしないだろうか。いや、そこまではしないか。

「全体最適」にものごとのプライオリティを置き、やむを得ない外的要因を受け入れられれば
精神衛生上好ましいのですが、それはキレイゴト!ついつい「置いていけばいいよ。」などと
思ってしまう自分がいます。自分が置いていかれたら、それはそれでツライのですが。
こんな、ぶつけどころのないストレスってありますね。もうこれは仕方ないです。


ちなみに、ミントガムを5分噛むと、ストレスのリセットが早く進むそうです。
http://www.cadbury.jp/release/2007/0424.html



by Y


posted by postino at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オフィス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。