2007年06月22日

やっぱり影響大きかったもの。

suisui.jpg
いつもお世話になっております。


IT分野の各ベンダーを対象にした『MM総研大賞』。2007年大賞の栄誉に輝いたのは、
今年の3月に相互利用を開始し、特に首都圏の人々の足に大きく貢献したSuica・モバ
イルSuicaとPASMO。この両者による決済機能も含めて、とりわけICカードの市民権の
飛躍的な向上にも寄与したことが、受賞理由の一つとして新聞に紹介されていました。

気付けば確かに、ぐぐっと身近になった、非接触型のIC決済ツール。
自販機やキオスクだけでなく街中の飲食店で利用できたりしますし、近頃はコンビニや
東急ハンズなどのお店のレジで以前よりも「ヒャーン」という音をよく耳にします。
ITで僕たちの消費活動はどんどん便利に、スムーズになっていきますね。

思い返せば数年前、僕が使っていた携帯電話には丁度当時出始めたばかりのFelica機能
が備わっており(いわゆるおサイフケータイ)新しいもの好きの僕は早速チャージして
数回ほど利用してみたのですが「そうは言っても、リアルな財布を常時携帯してる…」と
気付き、結局余り使わなくなってしまいました。何より、まだ珍しかったので、あの音
を店内に鳴り響かせるのがちょっと気恥ずかしかったのも、ある。
しかし、今では好奇の目で見られるなんてことは、ほとんどないでしょうね。

i-modeが出た頃(1999年あたり)に、社会はいずれこうなっていく!と色んな人が言っていた
のを、何だか夢物語のように感じつつ聞いたように記憶しています。このまま将来、財布の
内容物が統合されていくと、近い将来にお財布はおろか、物理的な貨幣自体が消滅して
しまいそうですね。いや、きっとそうなる?



by Y



POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング ぽちっと!
banner_02.gif

posted by postino at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Web、ITの話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。