2007年08月03日

考えたところで

12.jpg
迷った道を愉しんでみる

はするものではなく堕ちるもの
誰かに言われたような気もするし
何かで読んだのかもしれませんが

仕事に堕ちるのは
まずいですよね…

するように働く」
について考えてみようと思い
仕事の共通点と相違点を
個人的見解で挙げてみました

まずは共通点
・好きだったら一生懸命になれる
・がんばりが空回りするとつらい(悲しい)
・失敗例も自身の経験となり成長できる

では相違点は?
は時に受動的(いつのまにか…がありうる)仕事は常に能動
仕事には理論が必要
・生活するための手段かそうでないかという点

こんな感じでしょうか?
どうなんでしょうか?

仕事
女性誌の特集ではよく目にするテーマですが
仕事
について真剣に立ち止まって(振り返ったりして)
考える機会なんてそうそうないような気がします

結論はないけれど

どちらにも適度に追われている方が
“充実した日々”といえるのかもしれません

by S

POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング 
banner_02.gif
posted by postino at 20:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事・採用カンケイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すいません、生意気なこと言います、、、、恋と仕事は同列には語れません。仕事なんかで身を滅ぼすのは愚の骨頂、でも、恋のためなら死んでも良いと、そう思います!
Posted by このあいだも書いたファンです at 2007年08月07日 09:51
コメントありがとうございます。誰かがこのブログを読んでいてくれると実感できるのは、幸せです。
”このためなら死ねる”という恋を、まだしたことがなく…未熟者で。
恋も仕事も、楽しめる自分の気持ちの持ちようが、大切なのかもしれませんね。
Posted by S at 2007年08月10日 10:31

 仕事も恋も適度に追われているよりほどほど追う方が面白いんではないかと思うのですが。
Posted by Y.S at 2007年08月14日 15:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。