2008年02月01日

その時のために

te.JPG

(写真/ペーパータオルです)
電気製品のカタログなんかにある、スペックを表すアイコンを一瞬連想し、
多彩な用途を提案しているものなのかと思ってちゃんと見たら、全て「手」でした。
誰のためにもならないだまされ方をした。しかも相手にだます意図すらない可能性も。
一人で誰も見ていない草むらで転倒した感じに近いですね。



さて!
受験シーズンです。今年も色々と商品名をモジッた“げんかつぎ”アイテムが登場して
います。皆さんもスーパーやコンビニでご覧になったことが、きっとありますよね。

例:
「カール」→「うカール(受かーる)」
「TOPPO」→「TOPPA(突破)」
「スーパーカップ」→「スーパー勝っプ」
※東ハト・キャラメルコーンに至っては「カナエルコーン White!(ファイト!)ミルク味」
なる、中々くるしい目のネーミングを繰り出してきました。


この手の企画をプレゼンするのは、たいへんな勇気とチャレンジ精神が必要ですよね。
だって、ダジャレですから。昔から「勝つ」ために「カツ」を食べるとか、その程度
のものだという認識でOKな筈なのですが、業務でダジャレを提案しなくてはならない
という、不本意さ?また、それが却下されたら精神的なダメージは計り知れません。

私もこの仕事に携わる以上、受験カンケイとは限らず、同様のケースに出くわす時が
来ると思っています(まだない)。今のうち、心の準備だけでもしておこうかな。


ところで、太田胃酸のCMで流れている曲がショパンの『前奏曲 第7番 イ長調』だって
ご存知でしたか?そう、イ長調。胃腸ちょう。。(常識?)
こっそりと仕組まれたダジャレは、万人が気付く訳ではない替わりに、伝わったときの
「ニクイねえ」感が強いですね。行為がかわいくて、ほくそ笑んでしまいます。
何だか、企業イメージもほんわかと丸みを帯びて伝わってきたような。


by Y


posted by postino at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。