2008年03月01日

避けて通れないとき、噛もう!


ターミナル駅からの最終電車は、他の路線が遅れた場合に、その到着を待つことがありますよね。
先日もその状況に遭遇したのですが、車内放送が告げた「待ち」時間は、なんと10分!
私は座席に座っていたため、音楽をききながらのんびり待てたものの、もし立っていたとしたら、
遅れてやってくる電車に対する憎悪の念はふくらみ、
あまつさえその矛先が遅れて乗り込んでくる乗客に向きはしないだろうか。
無実の人を睨みつけはしないだろうか。いや、そこまではしないか。

「全体最適」にものごとのプライオリティを置き、やむを得ない外的要因を受け入れられれば
精神衛生上好ましいのですが、それはキレイゴト!ついつい「置いていけばいいよ。」などと
思ってしまう自分がいます。自分が置いていかれたら、それはそれでツライのですが。
こんな、ぶつけどころのないストレスってありますね。もうこれは仕方ないです。


ちなみに、ミントガムを5分噛むと、ストレスのリセットが早く進むそうです。
http://www.cadbury.jp/release/2007/0424.html



by Y


posted by postino at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オフィス日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。