2008年05月09日

愛より強いきもち?

大阪の某高級料亭がまた話題になっています。食べ残しを別の客に出したとかで。
「1つの商材で2つ分の収益を得てた」という問題だと思っていますがOKですか?
コースだとか価格設定はいろいろあるかと思いますが、要はそういうことだと思っています。

ところが、世の中どうも「不衛生」みたいなことに話が行っている向きがあるように感じませんか。
そんなそんな。すこし前まで別の人間に食事として出されていた食べ物を、不衛生だなんて。
私なんて居酒屋で隣席の客が“食べ残した”料理だって食べたいくらいなのに(食べませんけど)。

正直な話、箸が付いていないかそう見える位のコンプリート料理をそのまんまゴミ箱へ!なんて
非常にもったいないと思います。魚だったら身をほぐして別の料理に用いるなど何か方法が
あったりしそうですが、さすがにそのまま温め直して出すのは、上記“2つ分の利益”の観点で
お店側も自制心を働かせるべきだとは、確かに思います。

出された料理を残した、買ったものを腐らせた、などなど食べ物を粗末にしてしまったという
のは、程度の差こそあれ誰にでもあることだと思います。私にだって経験があります。

余り詳しく調べてはいませんし、ここで渦中のお店のカタを持つような積もりはないのですが、
今回のようなケースで世の中的に「食べ残し=不衛生」論が跋扈し、モノ(特に口に入るもの)
を大切にしなきゃ、という本来みんなが持っているであろう気持ちに、うっすらとでも陰りが
及びはしないか、と、それだけは危惧してやみません。・・・なんだか巧く言えないなあ。
私の知人(2児の母)は、息子たちがべろっべろ舐めたソフトクリームでさえ、ものすごい葛藤の末
食べるそうです。これはもう愛なんて言葉で片付く問題じゃない!・・いや、また話違いますね。

つまり、お店が「もったいなくて」と詭弁を弄しても、それを否定しただけでは始まらないと言いますか…
商品1個でこっそり2個分の収益を得たら詐欺ですが、それが公になることによって世の中全体が
「残り物、捨ててしかるべし」と言い出したのであれば、そんな内部告発は成されるべきじゃなかった
とすら私は思います。極端な話ですけども。そのお店のしていた悪いこと、小さく見えてきませんか?
きませんか。。


ま、信じられないのが、きっと一晩何万円もする高級料亭で食べ物をまるまる残す人…?
料亭ってそんなにいっぱい料理出てくるんですかね。ぜひ行ってみたいです!人のお金で。


by Y
posted by postino at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひじょうに「本質的」な記事です。
考えちゃいます。
世界はは[矛盾]がない、というふうに
子どもの頃
思っていました。
大人になると、ただしい人になれると。

しかし
実際は世界は
・98%ぐらいの「嘘」と
・2%ぐらいの「正直さ」で
均衡が保たれている。

残念ながら
改善される見込みはありません。

哀しいです。
Posted by ファンです at 2008年05月20日 15:58

仮に世界が
98%ぐらいの「正直さ」と
2%ぐらいの「嘘」で構成されていたとしたら、
それはそれで恐ろしい世の中ですけどね(汗だく)。
Posted by Y at 2008年05月22日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。