2007年12月26日

ツナガル チヂマル ヒロガル

Image004.jpg
ぎゅっとつまってます。ちっちゃくても。

日々
温かいおふとん
温かいスープ
暖かいひだまり
あたたかい人のこころ
などが
恋しい季節となりました

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

おかげさまで
今年も無事に(?)
繁忙期を迎え
締め切りに追われ
このブログの存在を
忘れたりもしつつ…


年の瀬には
たくさんの人が
自分とつながっている人に
今年のうちに会うために
いろんな会が催されます

普段あまり話す機会のない
会社の同僚
ちょっと疎遠になってしまった
昔の仲間
同じ趣味を持つ人たち
など

いろんなつながり
確認しあって
距離がちぢまって
そこから
ひろがる何かが、あって
人の、人間関係の、世の中の
面白さや複雑さに期待したり
たじろいだりするものです

新たな年を迎えるにあたって
人それぞれに
振り返ったり
まとめたり…
そんな
イレギュラーなパワーが
つながったり
ちぢまったり
ひろがったり

させるのかもしれません

2007年が
カウントダウンに入り
2008年の影が
ちらつき始めています
風邪や風に凍えないよう
あたたかな年末年始を
迎えたいものですね

※12月28日〜1月6日まで
冬休みとさせていただきます。

良いお年をお迎え下さい
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


by S
posted by postino at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

人生の知り方

きのう、NHK大河ドラマ『風林火山』の最終回を観ました。
放送時間帯は外に居ることが多いので、これまで全く観られなかった
のですが、友人宅で鍋を囲みつつ、ゆっくりと昨日は観ることができました。
最初が最終回ですが。

ところで、同席の中に知り合いの高校生の男の子が一人居たんですが、
その子がかなり当時の歴史に明るく、おじさんたち(僕ら)はほとんど
付いていかれないほどでした。勉強が仕事である現役高校生という面を除いても
それは中々のもので、聞けば戦国シミュレーションゲームで知識を得たという。
面白い。

そんな彼に刺激を受けつつ、山本勘助が生涯を閉じる川中島の戦いと、
武田信玄、上杉謙信という名将の存在、そもそも歴史って・・・などと
いろんなことを考えながらテレビを観ていました。

最近よく考えることに一つの答えが出せました。
(大そうなことではありませんが受け売りじゃなく自分で感じました)

歴史への興味は、人生への興味。
なぜなら歴史を知ることは様々な命たちとその終わりを知ることであるから。
そう考えると、歴史ってかなり多くのことを僕らに教えてくれる。

高校時代は日本史が苦手で苦手で仕方のなかった僕ですが、
やっと近頃、人生への興味という意味で歴史に興味を覚えています。
そんな中で昨日過ごしたひとときがやけに印象的だったので。




by Y

posted by postino at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

残暑お見舞い申し上げます

Image204.jpg
ポップで大胆なわくわく感


8月も残り1週間を切りました。
小学校〜高校までは、この時期になると
焦って宿題を片付けていた…
(時には放棄することも)
という人も多いと思います。
(もちろん自分もそうでした)

まだまだ暑い日が続きそうですが
冷房も冷たい食べ物もほどほどに

地球にも自分にもやさしくしたいものです。

by S

POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング 
banner_02.gif

posted by postino at 20:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

恥ずかしながら正直に

taremaku.jpg
こんな標語がみちみち掲げられている。

『人々がゆっくり散歩できる空間を目指しています』
(国土交通省 東京国道事務所 代々木出張所)

彼らは住民に対して何を伝え、何を感じてもらい、
どんなリアクションをとって貰いたかったのだろう。
「わーい、なんだか知らんけども、うれしいなっ♪」
とばかりに、人は安心したり小躍りしたりするのか。

国土交通省 東京国道事務所の活動については、
以下を参照されたい。道に関するいろんなことを
やってらっしゃる組織で、まあこれを見れば
のぼりで言いたかった事は概ね伝わってきた。
いろいろがんばって欲しい。
http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/

ともあれ、このように、僕という人間はあののぼりに
ひっかかるモノを感じ、サイトで調べ、ブログに記載する
という、一連の情報の動きがここで起きたことは大切。
この組織の活動の紹介と、生活者への地道な啓蒙の
一端がこれまた地道に実を結んだ瞬間なのですから。

そもそもなぜこんなにも国(の組織の行為)に対して、
僕はシニカルな目で見るようになってしまったのだろう。
年のせいか、お里のせいか、はたまた一般市民としての
基礎的な知見に乏しいからなのか。

原因を考えるうちに、僕はこのことが自分自身の
地域・自治体ひいては国政に対する(半ば無自覚な)
無関心さに起因するのではないかという、いやーな
結論にたどり着いてしまいそうになった。うわっ。

好き・嫌いよりもさらに救いようのない無関心。
政治家の一言に目くじら立てて騒ぐのはみっともない
とも思うけど、愛情やこだわりの裏返しだともいえる
じゃないか。一方で、無関心は何も産まない。

ここまでは、建て前。
最後はホンネで締めくくります。

では、興味の湧かぬことに、どうしたら関心を向け
られるだろうか。別段興味のない子を、どうやって
深く愛すことができるだろうか(笑)。
義務のような概念が介在する・しないの別こそあれ、
これらは同じくらいハイレベルな難題だ。ただ一つ
の突破口は、相手の「良い部分」「評価できる部分」
を知る・見つけること。その為には対象を観察し、
接触し、時に言葉を交え、時には人からの評価と照合
して相対的な視点でもって対象を見つめてみる。
まず僕にできる活動は、こんなところだ。

さあ!僕これから暇を見て、いろいろと探しに行き
ますから、どうぞ日本のいい所見せて下さいよ旦那。
旦那って誰だ。多分、国のお金を貰って働く人?
この年齢でこんなこと言ってる時点で恥ずかしいのですけどね。
あえて正直にさらけ出してみました。





by Y



POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング ぽちっと!
banner_02.gif

posted by postino at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 半蔵門だもん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

考えたところで

12.jpg
迷った道を愉しんでみる

はするものではなく堕ちるもの
誰かに言われたような気もするし
何かで読んだのかもしれませんが

仕事に堕ちるのは
まずいですよね…

するように働く」
について考えてみようと思い
仕事の共通点と相違点を
個人的見解で挙げてみました

まずは共通点
・好きだったら一生懸命になれる
・がんばりが空回りするとつらい(悲しい)
・失敗例も自身の経験となり成長できる

では相違点は?
は時に受動的(いつのまにか…がありうる)仕事は常に能動
仕事には理論が必要
・生活するための手段かそうでないかという点

こんな感じでしょうか?
どうなんでしょうか?

仕事
女性誌の特集ではよく目にするテーマですが
仕事
について真剣に立ち止まって(振り返ったりして)
考える機会なんてそうそうないような気がします

結論はないけれど

どちらにも適度に追われている方が
“充実した日々”といえるのかもしれません

by S

POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング 
banner_02.gif
posted by postino at 20:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事・採用カンケイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

恋するように

komichi.jpg
このみちをゆけば…いいのか?




企業家賞というものがあるらしい。

昨日の日経新聞の紙面にその、概要やら今回(第9回)受賞された方の声が
掲載されていました。大賞は、篠原欣子さん(テンプスタッフ社長)。
そのコメントの中に僕はふむふむと流したが、気になる人にはきっと気になる
一言が含まれていましたので、ご紹介します。


(ちょい要約しながら引用↓)
「ピラミッドの建設作業者に何してるの?と聞くと、だれてる人は石を運んで
いると言い、元気な人はピラミッドを作っていると言う。その前向きさが大切」
「何でも、やり続けること。恋をするとその人のために何でも一生懸命になれ
る。仕事も恋と同じくひたむきに続けることが大切」



…彼女は30年前オーストラリアで人材派遣ビジネスの存在を知り、帰国後に起業、
たった千枚の企画書からスタート。様々な苦難を乗り越え、国に働きかけ法律を
作らせたりしながら、業界を牽引、同社を現在ある状態まで導きました。だって
知ってますよね!テンプスタッフ。まさに確信にも似た彼女の「ひたむきさ」の
なせる業です。
「誰もやっていないこと」あるいは「誰もやっていない方法」で、ビジネス。
ビジネスが人を選ぶのか、人がビジネスを選ぶのか。決意とは、確信とは…。

さて、あなたはどっかで「うえっ。」とか思いませんでしたか。
偉そうにふむふむ流したとか言いながらやっぱり撤回しますが、僕は自分のハラ
の奥で、小さく「ぅぇ」と鳴った気がします。篠原さんが恋と仕事を同じ土俵で
例示したこと。たしかに納得できるのですが「…っでもなーー」なんて。
最後に「恋するように働いた30年」という見出しがトドメの様に僕の目には焼きつきましたよ。
まだまだ未熟者ですね。

よし!僕も恋するように働くぞ。
それで、仕事するように恋をする。いやそれは違うか。



※ちなみに以下の方が「企業家賞」に輝いたとのこと。おめでとうございます。
梅原勝彦さん(エーワン精密社長)
江尻義久さん(ハニーズ社長)
高田 明さん(ジャパネットたかた代表取締役)
橋本俊明さん(メッセージ社長)
高島宏平さん(オイシックス社長)
笠原健治さん(ミクシィ社長)
※日本経済新聞2007.07.26企業家ネットワーク広告枠より。







by Y



POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング ぽちっと!
banner_02.gif

posted by postino at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・採用カンケイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

みみをすますめをこらす

Image188.jpg
かわいいびたみん

きりきりしゃんとしてさく桔梗かな (小林一茶)
露の玉蟻たぢたぢとなりにけり  (川端茅舎)

パソコンやテレビの画面、人の話や音楽ではなく
自然の景色に耳を澄まし、目を凝らす。

すると、桔梗のつぼみがひらく音が
草のに蟻がたじろぐ姿が
実際に聞こえたり見えたりするというよりも
想像できるのかもしれない。

せみの声を聞いて夏を感じる
風鈴の音を浴衣の女性を涼しげだと思う
季節のうつろい、季節ごとの景色を
大切する感覚が、日本人には備わっている気がする。

季節のうつろいなんか感じている暇がない
自然の景色に耳を澄ましたり目を凝らす
余裕がない方も多いのでしょうが…



自然の一部ということで…

自分のの声くらいきいてあげないと。
どこか悲鳴をあげていたりしませんか?
悲鳴じゃなくても呻いていたりしませんか?


大丈夫ですか?


by S

POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング 
banner_02.gif
posted by postino at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・採用カンケイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

エゴのすすめっ!

移ろいゆく時代のなか、企業と人材のあり方というものは、折に触れて問われている気
がします。法規を差し置くならば、業種や個人の解釈によって「正しい形」は無数に
あることでしょう。

ごくシンプルにものごとをまとめれば、これは、雇われる側の「いかに適正な労働で
対価を得るかという権利主張」と、雇う側の「いかにコストを抑える(生産性を上げる)
かという命題」の一騎打ちである訳です。「楽して稼ぎたい人」と「安く作って多く
儲けたい人」の利害は一致する訳がありませんから、ズレが生じます。

両者の間には労働基準法を初めとする法規があり、それになぞらえ、双方合意の下に
結ぶ「契約」という枠が介在することにより、守るべきバランスは決まってきます。
(それが適正に行われないケースについては、ここでの記述は控えます。)
ところが、世の中にはその枠を超越せざるを得ないもろもろのオトナ的事情があること
も事実。逆の立場からすれば、夢や目標のためにはじっくりと仕事に時間をかけたいと、
被雇用者が枠を超えることだってあると思いますよ。

どちらかが枠を超えたらもう片方はそれを受け入れるか同等のお返しをしないと計算が
合いません(突然アバウトですいません)。そのスジを通せず一方が他方をないがしろに
したり、または受け入れたりできないからこそ、問題に発展するのだと思います。

さらに悪いことに、そういうのはナアナアになったり蔓延したり、悪習化しがちではない
でしょうか。明るみになった以上、問題やその材料はつぶさに振り返り、建設的に
将来に活かさなければ、歴史は必ず!繰り返します。そこで、本日付の日経朝刊に紹介
されていた、日本企業各社の就労時間に関する取り組みをご覧下さい(下記)。
ITで時間管理強化、残業の申請を促す、などなど、角度はさまざま…これを見てやっぱり
思うのは、一見地味で陳腐で金にならない奇麗ごとのように見えたりもする、こんな
取り組みこそが今とても大切なのだろうということ。手間のかかる作業だからこそ、責任
を持って遂行すべきかと思いました。
余談ですが、当社でも割とこれに似た性質の規定を設定しています。
そりゃ発表された当時は、自分も含めみんなでぶーぶー言ったものですが(汗)。


---
■新日本石油…タイムカードと入退室システムを組み合わせ実労働時間把握
■カゴメ…パソコンの使用時間をチェック
■リコー…管理職が部下の勤務時間をデータベース管理
■キヤノン…部下の申請を受けた上司が残業時間が必要か判断
■野村総合研究所…午後10時以降の残業は届け出制
■近鉄エクスプレス…残業時間削減を社長直轄プロジェクトに
■パイオニア…給料日の定時退社を奨励する制度を実施
---(※2007.07.06 日本経済新聞紙面より)


とにもかくにも、団塊世代の大量退職に続き少子化の影がずりずりとにじり寄る、
そう遠くない人手不足の未来に向けて…僕たち日本人の雇用・労働に対する発想は、
より一層の進化を遂げなくてはいけないはずです。僕たちは、微力ながら「労働」に
よってその進化を支えることができます。つらいのに耐えるとか、耐えられないから
辞めたり不平を訴えるとか、それに終始するのはもったいない。事例を通じて、社会、
会社、部署、チーム、果てはこっそり隣の人とかでもいい…第三者に思いを伝えて
いければいいじゃない。雇うも雇われるも、作るも買うも、これからはもっと広い心と
広い視野を持った、ポジティブで堂々たるエゴイストでありたいではないか!



by Y



POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング ぽちっと!
banner_02.gif

posted by postino at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事・採用カンケイ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

とおいとおい過去のこと

これまでもこれからも
Image186.jpg
いつもいま

琥珀の中から一億年の世界最古のキノコの化石を発見
http://www.kenkyu40.net/list_news.php
130歳クジラの身体に19世紀の「もり」北米で捕獲
http://www.asahi.com/science/update/0614/TKY200706140173.html
4200年のペンギンの化石、ペルーで発掘
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000205-yom-soci

考古学に深い関心があるわけではないけれど
こういうニュースをみつけると心が弾んでしまいます

過去に戻れるとしたらいつにもどりたい?」
「もう少し若ければ…」

そういう振り返り方じゃなく
もっともっともっと過去のこと

自分の存在とか
地球のこととか
でっかいものを
俯瞰できるような
ずっと遠く
目を向けてみる

昨日明日とか
10分と1時間とかに
はさまれているのではなく

大きな時間に包まれている
そんな心地よさを感じられる気がしませんか?

by S

POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング 
banner_02.gif
posted by postino at 12:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

やっぱり影響大きかったもの。

suisui.jpg
いつもお世話になっております。


IT分野の各ベンダーを対象にした『MM総研大賞』。2007年大賞の栄誉に輝いたのは、
今年の3月に相互利用を開始し、特に首都圏の人々の足に大きく貢献したSuica・モバ
イルSuicaとPASMO。この両者による決済機能も含めて、とりわけICカードの市民権の
飛躍的な向上にも寄与したことが、受賞理由の一つとして新聞に紹介されていました。

気付けば確かに、ぐぐっと身近になった、非接触型のIC決済ツール。
自販機やキオスクだけでなく街中の飲食店で利用できたりしますし、近頃はコンビニや
東急ハンズなどのお店のレジで以前よりも「ヒャーン」という音をよく耳にします。
ITで僕たちの消費活動はどんどん便利に、スムーズになっていきますね。

思い返せば数年前、僕が使っていた携帯電話には丁度当時出始めたばかりのFelica機能
が備わっており(いわゆるおサイフケータイ)新しいもの好きの僕は早速チャージして
数回ほど利用してみたのですが「そうは言っても、リアルな財布を常時携帯してる…」と
気付き、結局余り使わなくなってしまいました。何より、まだ珍しかったので、あの音
を店内に鳴り響かせるのがちょっと気恥ずかしかったのも、ある。
しかし、今では好奇の目で見られるなんてことは、ほとんどないでしょうね。

i-modeが出た頃(1999年あたり)に、社会はいずれこうなっていく!と色んな人が言っていた
のを、何だか夢物語のように感じつつ聞いたように記憶しています。このまま将来、財布の
内容物が統合されていくと、近い将来にお財布はおろか、物理的な貨幣自体が消滅して
しまいそうですね。いや、きっとそうなる?



by Y



POSTINO HP
http://www.postino.co.jp
↓人気ブログランキング ぽちっと!
banner_02.gif

posted by postino at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Web、ITの話。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。